蛇口交換や雨漏り修理で住宅快適〜暮らしの困った解決隊〜

インテリア

放置は禁物

一軒家

中にはこんな方がいらっしゃるかもしれませんね。「雨漏りだって、いつかは放っておけば直るだろう。そんなに気にすることじゃない。」いえいえ、そんなことはありません。雨漏りに対する油断は禁物です。雨漏りで水漏れが起こると、建物の中に水分が侵入してしまいます。その結果、壁に真っ黒なカビが生えてしまったり、天井を見上げると真っ黒になっていたり。ということは、もちろん屋根裏の中も真っ黒になっているということです。カビが増えると、健康被害にも影響が出ます。喘息等の原因にもなりかねません。また、雨漏りを放っておくとカビが家中に生えるだけでなく、建物の基板も弱ってしまいます。木造建築なんかの場合は特に危険です。木は水分を含むと腐りやすくなってしまうので、柔らかくなり、家の劣化がどんどん進んでしまいます。耐久性にも欠けた状態の家になってしまいます。ですから、雨漏りによる水漏れは、決して放置は禁物なんです。雨漏り修理業者へ依頼して、早めに修理してもらうが良いです。

雨漏りを改善していく為にも、できるだけ雨漏り修理は早めに行なうことが大切です。雨漏りは知らずのうちに進行していくものです。修理業者に依頼して、業者が駆けつけるまでの間は応急処置をしておくのが良いでしょう。ブルーシートやビニールシートを敷いたり、防水シートを利用して雨漏り箇所をとめておくのも1つの方法です。応急処置をするのとしないのとでは、住宅への影響が大きく変わってくるでしょう。